愛の巣(あいのす)の意味・関連語を解説。

愛の巣

愛の巣とは、愛し合う二人が暮らす住まいのこと。

【年代】 明治時代~  【種類】 -

 

『愛の巣』の解説

愛の巣とは愛し合う二人が愛を育む場でもある住まいを、産卵のために鳥が作る巣に例えたものである。愛の巣は明治時代から使われているが、当時は同棲のような公に認められていないカップルの隠れ家的意味合いが強かった。しかし昭和中頃からそうした意味での使用は減少。現在では披露宴での祝辞や仲の良い夫婦をからかう際に使う程度で、夫婦(特に新婚夫婦)二人の住まいという意味合いの言葉になっている。

スポンサードリンク

『愛の巣』の関連語

オススメ情報