カストリ(かすとり)の意味・関連語を解説。

カストリ

Kasutori

カストリとは、カストリ酒、またはカストリ雑誌の略。

【年代】 1946年   【種類】 略語

 

『カストリ』の解説

[1] カストリとは「カストリ酒・カストリ焼酎」の略である。カストリ酒とはイモや酒粕からとった粗悪な焼酎及び、闇市に氾濫した粗悪な密造酒のことである。また、カストリを飲んで意気盛んに語るインテリをカストリゲンチャという。

[2] カストリとは「カストリ雑誌」の略で、戦後、出版の自由化に伴って発売された大衆娯楽雑誌のことである。粗悪な紙に内容はグロいものがメインだった当事の娯楽雑誌は3号程度で廃刊になっていたことから、3号も飲めば潰れるといわれたカストリ酒に掛けた言葉といわれる。(物資不足から当事の雑誌には再生紙が使われ、紙のカスを取って作った雑誌=カストリという説もある)

スポンサードリンク

『カストリ』の関連語

オススメ情報