飲んだくれ(のんだくれ)の意味・関連語を解説。

飲んだくれ

飲んだくれとは、大酒飲み、ひどく酔っていることやそうした人。

【年代】 江戸時代~   【種類】 -

 

『飲んだくれ』の解説

飲んだくれとは酒を飲んで酔っ払い、だらしなくしている人を指し、古く江戸時代から使われる言葉である。現在も酔っ払っている人、朝から晩まで酒を飲んでばかりのだらしない暮らしぶりの人、大酒飲みでたちが悪い人を罵る言葉として使われる。

スポンサードリンク

『飲んだくれ』の関連語

オススメ情報