DQN・ドキュン(どきゅん)の意味・関連語を解説。

DQN(ドキュン)

DQNとは、常識に欠けている人や企業。

【年代】 平成時代~   【種類】 2ちゃん用語~ネットスラング

 

『DQN』の解説

DQNとはラサール石井、田中律子司会によるテレビ朝日系列の番組『目撃ドキュン』からきた2ちゃん用語で「ドキュン」と読む。『目撃ドキュン』はいわゆる人生相談的番組だが、低学歴者や元不良がこういった番組で相談を持ちかける人のような人生を歩むことは当然という考え方から、当初、ドキュンは当初低学歴者に対して使われた。後にこれが転じて常識に欠けている人や知識が乏しい人全般を指すようになり、表記もドキュンを略したDQNとなる。
また、人を対象に使われていたDQNは企業に対しても使われるようになり、主に労働基準法を無視した企業を常識に欠けている企業という意味でDQN企業と呼ぶようになった。

スポンサードリンク

『DQN』の関連語

オススメ情報