退職型ニート(たいしょくがたにーと)の意味・関連語を解説。

退職型ニート

Taishokugata Nîto

退職型ニートとは、一旦就職するが、ヤル気をなくしてニートになる人のこと。

【年代】 2006年  【種類】 -

 

『退職型ニート』の解説

退職型ニートとは一旦は職に就いたものの、就労意欲をなくして退職し、そのままニートになってしまう人のことである(ニートについては下記関連語参照)。退職型ニートは新卒ニート(学業を終え、そのままニートになってしまう者)に比べ、就職希望をしない人の率が高く、社会問題になっている。また、企業側にとっても初期投資をかけた人材を失うことになり、大きな痛手である。こうした退職型ニートを出さないためには、社内ニートの段階での対処が必要であるが、それ自体が困難といわれており、多くの課題を残す問題になっている。

スポンサードリンク

『退職型ニート』の関連語

オススメ情報