タヒる(たひる)の意味・使用例・関連語を解説。

タヒる

Tahiru

タヒるとは、死ぬ。絶望的。非常に疲れていること。

【年代】 2008年   【種類】 若者言葉

 

『タヒる』の解説・使用例

タヒるとは漢字の『死』を分解したもの(『歹(かばね偏、または、いちた偏・がつ編という)』の上部の横棒は端折られている)に、動詞化する接尾語『る』を付けたもの。単純に「死ぬ」という意味でも使われるが、多くは「(死ぬほど)絶望的な状況になる:使用例①」「(死ぬほど)疲れた:使用例②」という意味で使われる。

タヒるの使用例

スポンサードリンク

『タヒる』の関連語

オススメ情報