猫糞(ねこばば)の意味・関連語を解説。ネコババ・ネコばば・猫ばば

ねこばば

ねこばばとは、人のものや拾ったものを自分のものにすること。

【年代】 江戸時代~   【種類】 -

 

『ねこばば』の解説

ねこばばとは動物の「猫」と大便(糞)の幼児語「ばば」から成る言葉で、人様のものを隠し、自分のものとすることを意味する。例えば、道で拾った財布をそのまま懐に隠し、自分のものにして使ってしまうなどがこれにあたる。また、悪行を隠し、そ知らぬ顔をすることもねこばばという。これは猫が糞をした際、後ろ足で砂をかけて隠してしまうことからきている。

スポンサードリンク

『ねこばば』の関連語

オススメ情報



オールガイドリンク