くすねるの意味・関連語を解説。

くすねる

くすねるとは、人のものを盗み取り、自分のものとしてしまうこと。

【年代】 江戸時代~  【種類】 -

 

『くすねる』の解説

くすねるとは人の物や金銭をこっそりと取り(盗み)、自分のものにしてしまうことである。大抵は家族やクラスメート、勤め先など身近な人の物や金銭を盗み取ることを言い、手の込んだ方法による盗みや大掛かりな物・大金を盗むことをくすねるとはあまり言わない。

スポンサードリンク

『くすねる』の関連語

オススメ情報



オールガイドリンク