キセル(きせる)の意味・関連語を解説。

キセル

キセルとは、電車の不正乗車の一種。

【年代】 明治時代~   【種類】 -

 

『キセル』の解説

キセルとは乗車駅と下車駅近くの切符(または定期券)を使い、間を無賃で乗車する不正乗車の一種で、キセル乗車キセル乗りともいう。これは刻みタバコを吸う際に使うキセル(パイプの一種)の作りが、吸い口と刻み煙草を入れる火皿の両端だけ金属で出来ている(間は主に竹などから作られる)ことから、入口(乗車駅)と出口(下車駅)の分だけお金を払う乗車方法をキセルに例えた言葉である。

スポンサードリンク

『キセル』の関連語

オススメ情報



オールガイドリンク