スカタン(すかたん)の意味・関連語を解説。

すかたん

すかたんとは、当てが外れること。見当違いなことをした人を罵る言葉。

【年代】江戸時代~   【種類】 -

 

『すかたん』の解説

すかたんとは古く江戸時代から使われる言葉で、当てが外れること、騙されること、間違いや見当違いを意味する。また、間違いや見当違い、間抜けなことをした人を罵る言葉としても使われる。ちなみにすかたんのスカは透かす、スカを食うのスカで、これだけでも基本的意味は同じだが、人を罵る際は語調を整えたり、語感を荒くする接尾語「タン」を付けた形が使われる。

スポンサードリンク

『すかたん』の関連語

オススメ情報