ニブチン(にぶちん)の意味・関連語を解説。

ニブチン

ニブチンとは、鈍い人のこと。

【年代】 -   【種類】 -

 

『ニブチン』の解説

ニブチンとは「鈍い(にぶい)」に人名や人および人の特徴の後に付けることで親しみや軽い軽蔑の意味を持たせる「ちん」をつけたもので、鈍い人を意味する。特に人から抱かれている恋愛感情に鈍感な人、人からの好意・悪意といったものに鈍感な人を指す。また、単にどん臭いという意味でも使われる。
ニブチンの「ちん」は解説にもある通り、人名の後に花チン、太郎チンと付ける他、バカチン、デブチンに見られるもので、男性の生殖器官を意味するチンとは異なる。ニブチンも対象を男性に限った言葉ではない。

スポンサードリンク

『ニブチン』の関連語

オススメ情報