薄らとんかち(うすらとんかち)の意味・関連語を解説。

うすらとんかち

うすらとんかちとは、反応の鈍い人、役に立たない人のこと。

【年代】 -   【種類】 -

 

『うすらとんかち』の解説

うすらとんかちとは動作や反応の鈍い人、頭の回転が遅い人、または役に立たない人をあらわし、そういった人を罵る際に用いられることが多い。語源については「のろま」「とんま」といった意味で人を罵る言葉『噸痴気(とんちき)』が転じたものに「なんとなく」「少しばかり」といった意味の『薄ら』を付けたという説(薄ら馬鹿+噸痴気の合成語という説も)。『薄いとんかち』は使い物にならないということからきたという説などあるが、詳しいことは不明。

スポンサードリンク

『うすらとんかち』の関連語

オススメ情報