頓珍漢(とんちんかん)トンチンカンの意味・関連語を解説。

とんちんかん

とんちんかんとは、物事の辻褄があっていないこと。言動が的外れ・ちぐはぐ・間が抜けていること。

【年代】 -   【種類】 -

 

『とんちんかん』の解説

とんちんかんとはもともと鍛冶屋で鉄を鍛えるために打つ音をあらわした擬音語であった。このとんちんかんという音は、師が打つ合間を見て弟子が打ち、交互にズレて音が出ている様をあらわしている。ここから言動がちぐはぐであったり、的外れ、間が抜けていることやそういった人。物事の辻褄が合わないことを指してとんちんかんという。
頓珍漢という漢字表記が使われることもあるが、これは後から付けられた当て字である。

スポンサードリンク

『とんちんかん』の関連語

オススメ情報