パッパラパー(ぱっぱらぱー)の意味・関連語を解説。

パッパラパー

パッパラパーとは、アホのこと、または「理解できない」「わからない」の意。

【年代】 1982年   【種類】 -

 

『パッパラパー』の解説

パッパラパーとは馬鹿・阿呆という意味で使われる「パー」をふざけて言う軽い語感にした言葉である。語感が軽いだけで基本的な意味は馬鹿・阿呆と同義であるが、他の類語に比べ、自嘲する際に用いられることが多い。また、パッパラパーの語源がドイツ語の“papperlapapp”とする説があるが、この語が「くだらない話しをするな」「べちゃべちゃと話すな」という意味であることから、俗説または音的なものだけを参考にしたと思われる。また、先述の意味が転じ、「(全然)わからない」「(全く)理解出来ない」といった意味で、「僕、物理はパッパラパーだから…」というようにも使われる。

スポンサードリンク

『パッパラパー』の関連語

オススメ情報