太客(ふときゃく)の意味・関連語を解説。

太客

太客とは、大金を使う客のこと。

【年代】 -   【種類】 略語、業界用語

 

『太客』の解説

太客とは「太っ腹な客(ふとっぱらなきゃく)」の略で“ふときゃく”と読む。主にホストクラブ、他に風俗店で使われる言葉で、ホスト(ホステス)や経営者から見て多額のお金を使う客を意味する(一度の来店における額でなく、月にその店で使う額から決めていることが多い。基準額は店やホストのレベル、価値観によって異なる)。太客の類語・対語に極太客・細客・極細客がある。

スポンサードリンク

『太客』の関連語

オススメ情報