カンコる(かんこる)の意味・関連語を解説。

カンコる

カンコるとは、人が少なく寂れている様を表す言葉。

【年代】 2003年   【種類】 若者言葉

 

『カンコる』の解説

カンコるとは本来人が集まって賑わうべき場所だが人が少なく寂れた感じを表す俗語『閑古鳥が鳴く』を略し、これに動詞化する接尾語『る』をつけたものである。意味自体に変化はないが、『カンコる=閑古鳥が鳴いている』という現時点寂れている感じが強調されている。また、カンコるは大手掲示板サイト“2ちゃんねる”でスレッド、板(掲示板)に人が集まらないことを意味して使われ始めた言葉である。

スポンサードリンク

『カンコる』の関連語

オススメ情報