思う壷(おもうつぼ)の意味・関連語を解説。思う壺・思うツボ・思うつぼ

思う壷

Omou Tsubo

思う壷とは、狙い通りになること。

【年代】 江戸時代~   【種類】 賭博用語

 

『思う壷』の解説

思う壷とは狙い通りになることや思った通りになることという意味で、江戸時代から使われている言葉である。
思う壷は当初、サイコロ博打で自分の思っていた通りになった場合に使われたが、逆に自分の立場や状況がライバルや商売敵など相手にとって思い通りの状況、都合のいい状況に対しても使われるようになる。

スポンサードリンク

『思う壷』の関連語

オススメ情報