そうは問屋が卸さない(そうはとんやがおろさない)然うは問屋が卸さない、そうは問屋がおろさない、然うは問屋がおろさないの意味・関連語を解説。

そうは問屋が卸さない

Souwa Ton'ya Ga Orosanai

そうは問屋が卸さないとは、そう簡単には望み通りには応じない。そうやすやすとは思い通りにはいかないこと。

【年代】 明治時代~  【種類】 -

 

『そうは問屋が卸さない』の解説

そうは問屋が卸さないの『そう(然うと書く)』は副詞で「そのように」という意味になる。つまり、いくら客の要望とはいえ、問屋はそのように安い値段では卸さないという意味になり、ここから、そう簡単には望み通りには応じない。そうやすやすとは思い通りにいかないといった意味で使われる。
「そうは問屋でおろせない」「そうは問屋が卸さぬ」とも言う。

スポンサードリンク

『そうは問屋が卸さない』の関連語

オススメ情報