ソコソコ・そこそこの意味・関連語を解説。

そこそこ

Sokosoko

そこそことは、「落ち着かず急ぐさま」「ほどほど」「あそこに」などの意。

【年代】 -  【種類】 -

 

『そこそこ』の解説

そこそこには大きくわけて以下の4つの意味がある。
[1] そこそことは「落ち着かず急ぐさま」や「急いで簡略にすませるさま」を表す言葉。
【この場合の使用例】
「食事もそこそこに、彼は仕事に戻った」

[2] そこそことは「少ないが満足出来る程度」という意味の言葉。 類義語に『ほどほど』『いい加減』などがある。
【この場合の使用例】
「遊びもそこそこにしなさい」

[3] そこそことは量的に辛うじてこれくらいの意で、類義語に『ある程度』『ギリギリ』がある。
【この場合の使用例】
「期待はしていないが、そこそこの自信はあるのか?」

[4] そこそこ(其所其所)とは場所をさすときに使われる言葉で、主に探していたものが近辺で見つかり、人に伝えるときに使われる。
【この場合の使用例】
「お前の猫ってアレじゃない?ほら、そこそこ、すぐ後ろにいる」

スポンサードリンク

『そこそこ』の関連語

オススメ情報