なあなあの意味・関連語を解説。

なあなあ

なあなあとは、馴れ合いなこと。

【年代】 昭和時代~   【種類】 -

 

『なあなあ』の解説

なあなあとは「馴れ合い」「てきとう」「妥協」といった意味に通じる言葉で、相互の主張・意見を適当なところで折り合いをつける際などに用いる(この場合の折り合いとは相互の妥協点であり、徹底した話し合いで決められた場合や前向きな判断による場合、なあなあとは言わない)。また、「適当なところで済ませる」「妥協して折り合いをつける」といった動詞として使う場合、「なあなあにする」「なあなあに済ませる」といった表現が用いられる。

スポンサードリンク

『なあなあ』の関連語

オススメ情報