小さくまとまる(ちいさくまとまる)の意味・関連語を解説。

小さくまとまる

小さくまとまるとは、無難な形でおさめること。ほどほどの結果で妥協すること。

【年代】 -  【種類】 -

 

『小さくまとまる』の解説

小さくまとまるとは自身の特徴や特技、才能を出しきらず、無難な形でおさめたり、ほどほどの結果で納得して妥協や完了してしまうことをいう。本人や周囲の人がそこそこの結果で満足して高みを目指さなかったり、無理はしないといった理由の他、周囲との調和や目立つことを避けるなど、様々な理由からそういった選択、行為がなされる。小さくまとまるはそうした行為や判断、姿勢に対し、「小さくまとまるな」といった形で否定する言葉として用いられ、褒め言葉として使われることはほとんどない。

スポンサードリンク

『小さくまとまる』の関連語

オススメ情報