目一杯(めいっぱい)目いっぱいの意味・関連語を解説。

目一杯

目一杯とは、限度いっぱいであること。

【年代】 江戸時代~   【種類】 -

 

『目一杯』の解説

目一杯とはもともと秤の目盛りいっぱいという意味であったが、これが転じ、限度いっぱい・限界ぎりぎりといった意味でも使われる。
このように目一杯は目に見えるものに対して用い、体力や精神力、努力といった目に見えないものに対しては精一杯という言葉が用いられる。(混同して使われることが多い)

スポンサードリンク

『目一杯』の関連語

オススメ情報