シャコタン(しゃこたん)の意味・関連語を解説。

シャコタン

シャコタンとは、車体を低くした改造車のこと。

【年代】 1979年   【種類】 若者言葉

 

『シャコタン』の解説

シャコタンとは漢字表記の車高短と書くとわかる通り、車高を低く改造した車のことである。シャコタンは1970年代末から主に暴走族が使用。1980年代中頃には暴走族以外にも浸透する。車高を低くする主な方法はスプリングの改造や取り外しによるもので、直径の小さいタイヤに交換したり、車体上部を改造することで低くしたものはシャコタンと呼ばないことが多い。こうしたシャコタンは外観の向上及び、重心を下げることによる安定性のために行われる。

スポンサードリンク

『シャコタン』の関連語

オススメ情報