水商売(みずしょうばい)の意味・関連語を解説。

水商売

水商売とは、収益が不確かな商売のこと。

【年代】 -   【種類】 -

 

『水商売』の解説

運に左右されやすいことや一時的な利益だけで長続きする見込みのないことを水物という。同様に客の人気によって左右され、収益が不確かな商売のことを水商売という。例えばスポーツ界や芸能界、風俗業などが水商売にあたる。中でも夜間、酒を振舞う接待飲食業(クラブ、キャバレー、スナックなど)を指すことが多いが、この場合、特にお水とも言う。
また、1980年代後期になると、上記とは別に浄水機器やミネラルウォーターなど、単に水を扱う商売のことを水商売というようになる。ただし、2008年現在も先述の意味での使用が一般的には多い。

スポンサードリンク

『水商売』の関連語

オススメ情報



オールガイドリンク