ヘソクリ・臍繰り(へそくり)の意味・関連語を解説。

へそくり

Hesokuri

へそくりとは、内緒で貯めたお金のこと。

【年代】 江戸時代~   【種類】 お金に関する用語・俗語

 

『へそくり』の解説

へそくりとは『へそくりがね』の略で、主に主婦が倹約や内職、バイトなどをして内緒で貯めたお金のこと。
また、「へそくりをする」という意味の『へそくる』という言葉もある。どちらも江戸時代から使われている言葉である。
へそくりといえば主婦の定番であったが、時代が変わり、必ずしも主婦だけのものではなくなってきている。

スポンサードリンク

『へそくり』の関連語

オススメ情報



オールガイドリンク