イクラちゃん(いくらちゃん)農業の意味・関連語を解説。

イクラちゃん

Ikura Chan

イクラちゃんとは、勘定にうるさい人のこと。

【年代】 1982年   【種類】 若者言葉

 

『イクラちゃん』の解説

イクラちゃんとは本来、漫画・テレビアニメ『サザエさん』に出てくる登場人物で、波野ノリスケと波野タイ子の間に産まれた子を指すが、これとは別に勘定や清算にうるさい人という意味でも用いられる。「いくら?(幾ら?)」というのが値段・価格がどれだけか尋ねる言葉であることからきたもので、これをイクラちゃんに掛け、勘定高いケチケチした人、特にそういった女性を指してイクラちゃんと言った。1980年代に若者を中心にこうした意味で使われたが、現在、この意味ではほとんど使われない死語となっている。

スポンサードリンク

『イクラちゃん』の関連語

オススメ情報