勿怪の幸い(もっけのさいわい)の意味・関連語を解説。

勿怪の幸い

勿怪の幸いとは、思いがけず得た幸福、想像もしなかった幸運のこと。

【年代】 江戸時代以前~   【種類】 慣用句

 

『勿怪の幸い』の解説

勿怪の幸いの勿怪(もっけ)とは異変・災い・不幸及び思いもかけぬこと、意外といった意味で使われる。つまり、勿怪の幸いとは想像も出来ないことから災いが福に転じることや、思いもしなかったような幸せが転がり込んでくるさまを表す言葉である。不幸中の幸い、棚から牡丹餅に通じる。

スポンサードリンク

『勿怪の幸い』の関連語

オススメ情報