アーパー(あーぱー)の意味・関連語を解説。

アーパー

Âpâ

アーパーとは、馬鹿やアホの意。

【年代】 昭和時代   【種類】 -

 

『アーパー』の解説

馬鹿やアホのことをパー(クルクルパー、パッパラパー、パープーに見られるパーも同じ)と言うが、アーパーはその倒語(下記註参照)にあたる。つまり、アーパーとは馬鹿やアホ、間抜けといった意味の言葉で、そういった人をからかったり、嘲う際に用いられる。後ろに対象となる語句を付け、アーパーギャル、アーパー野郎といった形でも用いる。もともと芸能界で普及。昭和後期には一般にも広く使われたが、現在は死語となっている。

註)倒語とは、前後をひっくり返した言葉。ハワイ⇒ワイハーが有名。

スポンサードリンク

『アーパー』の関連語

オススメ情報