ゲスノート(げすのーと)の意味・関連語を解説。

ゲスノート

ゲスノートとは、バンド『ゲスの極み乙女。』の川谷絵音と関わった人の多くがトラブルに巻き込まれることから出来た造語。

【年代】 2016年   【種類】 -

 

『ゲスノート』の解説

ゲスノートとは日本のバンド『ゲスの極み乙女。』のボーカル川谷絵音と関わった人の中にトラブルを起こしたり、週刊誌に取り上げられるなどのトラブルに巻き込まれる人が多いことから出来た造語。関わるとトラブルに合うというのをノートに名前を書かれると死んでしまうという【デスノート】にかけ、【ゲスの極み乙女。】+【デスノート】でゲスノートという。
具体的には2016年早々に川谷と不倫騒動で話題となったベッキー。川谷が提供する楽曲を歌ったSMAPは解散騒動に。マイナンバーを広めるため、ゲスの極み乙女。の楽曲の替え歌を歌ってアピールした甘利明内閣府特命担当大臣は収賄疑惑といったものがある。ゲスノートでトラブルに合う傾向として、週刊文春の記事が発端となっているのも特徴のひとつとされている。

スポンサードリンク

『ゲスノート』の関連語

オススメ情報