地雷(じらい)の意味・関連語を解説。

地雷

Jirai

地雷とは、禁句など触れてはいけないこと。
地雷とは、利用してみて始めて問題があることに気付くもの。

【年代】 1996年   【種類】 -

 

『地雷』の解説

地雷とは地中に設置し、人や車両が接触(踏む)ことで爆発する武器のことだが、この接触すると爆発するという特徴から、以下のような意味で使われる。

[1] 地雷とは触れると爆発するという特徴から、場の空気が悪くなるため、皆が避けている話題(禁句)のことをいう。例えば、人が気にしている身体面・能力面の短所の話題、誰かが悩んだり、落ち込んだりしている要因となる事象(失恋・失業・落第など)に関連した話題が地雷にあたる。場の空気を悪くしたり、誰かを怒らせてしまう地雷に周りは触れないよう気遣うが、後から来て何も知らず、その話題に触れてしまうことがある。これを「地雷を踏む」という。

[2] 地雷は踏んで爆発し、初めてそこが危険と気付くことから、購入~開封してから気付く粗悪品、入店してから容姿の酷い女性しかいない店と気付く風俗店、ぼったくりバーなどは地雷の典型的である。インターネットではページを開いたり、ダウンロードして初めて気付くウィルス付ファイルなどを地雷と呼ぶ。

スポンサードリンク

『地雷』の関連語

オススメ情報