顰蹙(ひんしゅく)の意味・関連語を解説。ヒンシュク

顰蹙

顰蹙とは、眉をひそめさせるようなことをした人への非難の言葉

【年代】 1984年   【種類】 若者言葉

 

『顰蹙』の解説

顰蹙(ひんしゅく)とは「顰めっ面(しかめっつら)」に見られる(しかみ)と、ちぢこまるという意味のまる(しじまる)から来た言葉で、本来は顔をしかめることや眉をひそめるさまをいう。また、周りに居る人の顔をしかめさせたり、眉をひそめさせるような行為をして軽蔑されることを「顰蹙を買う」というが、後にこれを略して顰蹙と言うようになる(例:あの態度は顰蹙だったんじゃない?)。また、1980年代半ばになると、顰蹙を買うような行為をした人への非難の言葉としても使われるようになる。この場合、多くが「ヒンシュクー」と語尾を延ばす傾向にある。

スポンサードリンク

『顰蹙』の関連語

オススメ情報



オールガイドリンク