藪睨み(やぶにらみ)の意味・関連語を解説。やぶ睨み

やぶにらみ

やぶにらみとは、斜視のこと。
やぶにらみとは、見当違いな見方のこと。

【年代】 江戸時代~   【種類】 -

 

『やぶにらみ』の解説

[1] やぶにらみとは片一方の視線は合っているが、もう一方が合っていないような斜視のことをいう。やぶにらみ藪睨みと書くが、雑草や雑木しかない藪を睨む目はボーっとして焦点が合っていないということなのか、「やぶ」が藪医者に見られる野巫(学業の劣った禅僧の意)からきて出来た言葉かは不明。この意味では「藪(やぶ)」と略しても使われる。

[2] やぶにらみとは[1]の意が転じ、見当違いな見方や考え方を意味する。

スポンサードリンク

『やぶにらみ』の関連語

オススメ情報