サバメシ(さばめし)の意味・関連語を解説。

サバメシ

Sabameshi

サバメシとは、サバイバル飯、またはサバイバル飯炊き術の略。

【年代】 2006年   【種類】 略語

 

『サバメシ』の解説

サバメシとはサバイバル・メシダキ術という飯炊き方法、又はその方法で炊かれたサバイバルメシの略称である。サバメシはアルミ缶と牛乳パックで飯を炊くもので(具体的な方法は下記参照)、防災科学技術研究所の内山庄一郎氏が考案した方法である。内山氏は2004年に起きた新潟県中越地震で現地入りした際、ガスコンロで飯炊きを行っていたが、ある書籍でアルミ缶による飯炊き方法を知り、実践する。しかし、全くうまく炊けず、以来半年をかけて実践的なアルミ缶による簡易炊飯を考案。2006年にはサバメシというネーミングでTVなどメディアでも話題となった。

スポンサードリンク

『サバメシ』の関連語

オススメ情報