兵隊勘定(へいたいかんじょう)の意味・関連語を解説。

兵隊勘定

兵隊勘定とは、割り勘で支払うこと。

【年代】 1904年   【種類】 -

 

『兵隊勘定』の解説

兵隊勘定とは複数人で飲食をした際、代金を各自均等に負担して支払うことをいう(現代では「割り勘」という呼び方が一般的)。兵隊勘定は日露戦争が開戦となる1904年(明治37年)に流行となった言い回しだが、現在では当時を知る人やそこから聞いて人が使う程度の死語となっている。兵隊勘定の由来には同じ兵隊という立場だから均等に負担するという考えからきた説、明日生きているか定かでない兵隊だから貸し借りなしで均等に支払うという考えからきた説がある。

スポンサードリンク

『兵隊勘定』の関連語

オススメ情報