理科の窓(りかのまど)の意味・関連語を解説。

理科の窓

理科の窓とは、女性のズボンやスカートのファスナーのこと。

【年代】 昭和時代   【種類】 -

 

『理科の窓』の解説

理科の窓とは女性が履くスカートやズボンのファスナー(ジッパー、チャックともいう)のこと。男性が履くズボンのファスナーのことを社会の窓というが、これはNHKラジオがやっていた番組からきている(詳しくは下記関連語より社会の窓を参照)。理科の窓はその派生語であり、特に理科である理由はない。現在、社会の窓に比べ、理科の窓はほとんど使われない死語となっている(女性のファスナー閉じ忘れ~それを指摘される機会が少ないためと思われる)。

スポンサードリンク

『理科の窓』の関連語

オススメ情報