社会の窓(しゃかいのまど)の意味・関連語を解説。

社会の窓

社会の窓とは、男性ズボンの前ファスナーこと。

【年代】 昭和時代~   【種類】 -

 

『社会の窓』の解説

社会の窓とは男性が履くズボンの前部にあるファスナー(ジッパー、チャックともいう)のことである。これは1948年(昭和23年)~1960年(昭和35年)にNHKラジオが放送した番組『社会の窓』からきている。同番組は社会の内情を暴きだすという内容であった。これが大事なものが隠された場所という解釈になり、男性の大事な部分が隠されているズボンのファスナーを社会の窓と呼ぶようになった。なお、トイレ以外でファスナーが閉じていない状態を社会の窓が開いているという。

スポンサードリンク

『社会の窓』の関連語

オススメ情報