ドス(どす)の意味・関連語を解説。

どす

どすとは、短刀または凄みのこと。

【年代】 江戸時代~   【種類】 不良・ヤクザ用語略語

 

『どす』の解説

どすとは「脅す(おどす)」の略として、以下2通りの意味で使われる。
まずひとつめは、脅すに直接的意味が通じる「凄み」の意で、ぞっとするようなさまやぞっとするような態度・言動を。
もうひとつは、懐に忍ばせた短刀で凄みを利かせることから、短刀・七首(あいくち)など懐中に忍ばせることが出来る短い刃物のこともどすという。
また、脅したり、凄みを利かせる際に出す声が低いことから、低音の迫力ある声を「どすの利いた声」という。

スポンサードリンク

『どす』の関連語