チョーパン(ちょうぱん)の意味・関連語を解説。

チョーパン

チョーパンとは、頭突きのこと。

【年代】 -   【種類】 不良・ヤクザ用語

 

『チョーパン』の解説

チョーパンとは朝鮮パンチ(ちょうせん・ぱんち)の略で、頭突き(=ヘッドバッド)というケンカにおける攻撃方法の一種(ヘッドバッドや頭突きはプロレスの技の一種として使われるが、チョーパンと呼ぶ場合、ケンカの技に限定される)。例えば、タイマンのときなど、ケンカが始まる前の眼の飛ばしあい・睨み合いといった状況の後で行われることが多い。朝鮮学校(特に朝鮮高校)の学生が頭突きを得意とすることから、朝鮮パンチ~チョーパンと呼ぶようになった。

スポンサードリンク

『チョーパン』の関連語

オススメ情報