コンニャク(こんにゃく)蒟蒻、板コンニャク、板こんにゃく、板蒟蒻の意味・関連語を解説。

コンニャク

Konnyaku

コンニャクとは、100万円の現金こと。

【年代】 2017年   【種類】 -

 

『コンニャク』の解説

コンニャクとは100万円の現金のこと。これは100万円の札束の大きさや厚みが板コンニャクに似ていることからきている。
2017年、森友学園への国有地の値引き問題に関し、鴻池元防災担当大臣が記者会見を行った。その中で「それが金であったか、コンニャクであったか、カマボコかういろうか知らん」と発言。ここから100万円の札束のことを隠語としてコンニャクと呼ぶことが広く一般にも知られるものとなった(いつごろから使われ始めたのかは不明)。

スポンサードリンク

『コンニャク』の関連語

オススメ情報