有名税(ゆうめいぜい)の意味・関連語を解説。

有名税

有名税とは、有名になったことで生じる代償のこと。

【年代】 昭和時代初期~   【種類】 -

 

『有名税』の解説

有名税とは有名であるが故に生じる問題や代償のことで、主に政治家や芸能人が自分自身や同業社への慰めの言葉として使う。2006年2月のメール問題で渦中の人となった武部元幹事長に小泉元首相が「有名税」と語ったことで話題になったが、有名税自体は昭和時代の初めから使われている言葉である。
具体的に有名税とは街を歩くと追いかけられたり、いきなりカメラを向けられるといったものや会ったこともない人から様々な噂を流されること、メディアによるスキャンダル報道も有名税といえる。

スポンサードリンク

『有名税』の関連語

オススメ情報