泥縄(どろなわ)の意味・関連語を解説。どろ縄・泥なわ

泥縄

泥縄とは、事が起きてから慌てて準備すること。

【年代】 -   【種類】 略語

 

『泥縄』の解説

泥縄とは「泥棒を捕らえてから縄を綯う(なう)」を略したもの。泥棒を捕まえてから、慌てて(泥棒を)縛るための縄を作ることで、事が起きてから慌てて準備することを意味する。泥縄は後手になったり、その場しのぎな政治や経営の他、様々なそうした事象に対して使われ、「泥縄状態」「泥縄式○○」という言葉もある。また、泥縄というとマイナスイメージが大きいが、逆転の発想で泥縄を推奨する考え方も出てきている。

スポンサードリンク

『泥縄』の関連語

オススメ情報



オールガイドリンク