お陀仏(おだぶつ)の意味・関連語を解説。御陀仏・御だ仏

お陀仏

Odabutu

お陀仏とは、死ぬこと、物が駄目になること。

【年代】 江戸時代~   【種類】 -

 

『お陀仏』の解説

お陀仏とは死ぬこと、さらに物が駄目になること(壊れたり痛んだりして使い物にならない状態になること)を意味する。これは人が死ぬときに「南無阿弥陀仏」と唱えることからきている。また、人や物など形があるものだけでなく、計画していた事象が失敗し、途中で駄目になるといったこともお陀仏という。

スポンサードリンク

『お陀仏』の関連語

オススメ情報