終活(しゅうかつ)の意味・関連語を解説。

終活

Shûkatsu

終活とは、人生の終焉をより良く迎えるための前準備のこと。

【年代】 2010年   【種類】 -

 

『終活』の解説

終活とは(自分の)人生の終わりのための活動の略で、就活や婚活の派生語である。終活は人生の最期をより良いもの(=自分の理想的なもの)とするため、事前に行う準備のことで、例えば葬儀の内容やお墓のことを事前に決めておいたり、財産配分が主目的である遺言とは別に、自分の思いや意思、願いを綴るノートを書いておくといったものがある。遺言状の場合、葬儀後に開封されることが多く、葬儀に対する願いを書いても希望が叶えられずに終わってしまう。そこで事前に家族や業者に相談するといった終活をする人が増えている。また、終活をすることで、死や人生を見つめなおすといった人も多い。
なお、終活はユーキャン新語・流行語大賞の2010年候補語60語にノミネートされた。

スポンサードリンク

『終活』の関連語

オススメ情報