ヤンママ(やんまま)の意味・関連語を解説。

ヤンママ

Yan Mama

ヤンママとは、十代の若いお母さんのこと。
ヤンママとは、ヤンキーの格好をしたお母さんのこと。

【年代】 1994年   【種類】 不良・ヤクザ用語、若者言葉

 

『ヤンママ』の解説

ヤンママとはヤングとママから成る合成で、若いお母さんを意味する。若いお母さんの年齢は主観的なものであり、特に定義はされていないが、一般的には10代のお母さんのことをいう。ヤンママは1990年代から使われ始めた言葉で、受賞はしていないが1994年の流行語大賞にノミネートされている。
また、ヤンママの『ヤン』をヤンキーの略とし、ヤンキーの格好をしたお母さんという意味もある。本来ヤンママはヤングママが略された言葉だが、若いお母さんの中には元ヤンキーやヤンキーの格好をした人も多かったこと、更にメディアがヤンママを取り上げる際、そういった若いお母さんを面白おかしく取り上げたことからヤンキーママの略という別の解釈が生じた。最終的にヤンママは二つの意味を持つ言葉として定着した。

スポンサードリンク

『ヤンママ』の関連語

オススメ情報