光り物(ひかりもの)の意味・関連語を解説。

光り物

Hikarimono

光り物とは、宝石などアクセサリーのこと。

【年代】 1989年   【種類】 美容・ファッション用語

 

『光り物』の解説

光り物とはもともと人魂や流星など、発光体をさす言葉として平安時代の書物には使われている言葉である。後に金属や鯖(さば)や鰯(いわし)など青く光る青魚と呼ばれるものも光り物と呼ばれた。そして1980年代後半のバブル期には、女性(OL)がもらって喜ぶアクセサリーを光り物と呼ぶようになる。ただし、バブル期に使われるようになったことからもわかる通り、光り物は豪華な宝石がついたものなど、暗に高価なアクセサリーという意味で使われることが多い。ただし、バブル崩壊後はラメ入りのグッズや発光機能のあるオモチャ、プラモデルなど、アクセサリー以外を対象とした使用率が増えている。

スポンサードリンク

『光り物』の関連語

オススメ情報