ネカマ(ねかま)の意味・関連語を解説。

ネカマ

ネカマとは、インターネット上で女性のふりをする男性のこと。

【年代】 1998年   【種類】 若者言葉・合成語、ネットスラング略語

 

『ネカマ』の解説

ネカマとは『ネットおかま』の略で、ネットワーク上のオカマという意味になる。具体的にはチャットや掲示板、SNSなどに女性のふりをして参加する男性だが、通常のオカマのように女性として生きたいといったポリシーや性同一性障害といった理由があるからではなく、単に男性をからかうためだったり、女性のふりをすることで女性のガードを緩め、接っしやすくすることを目的にネカマをしている者が多い。ネットおかま自体は1990年代始めのパソコン通信時代から存在するが、ネカマと略されたのは1990年代後半に入ってからである。

スポンサードリンク

『ネカマ』の関連語

オススメ情報