大根足(だいこんあし)の意味・関連語を解説。ダイコン足・だいこん足

大根足

大根足とは、太い足を嘲う言葉。

【年代】 江戸時代~   【種類】 -

 

『大根足』の解説

大根足とは大根のように太い足を意味し、古く江戸時代から女性の足を対象に使われた言葉である。「大根のように」と書いたが大根の白さは特に関係なく、あくまで太いというイメージから使われている。

スポンサードリンク

『大根足』の関連語

オススメ情報