しょうゆ顔(しょうゆがお)の意味・関連語を解説。醤油顔・醤油がお・しょうゆかお

しょうゆ顔

Shôyu Gao

しょうゆ顔とは、あっさりとした顔だちのこと。

【年代】 1988年  【流行語大賞】流行語部門・大衆賞   【種類】 若者言葉

 

『しょうゆ顔』の解説

しょうゆ顔とはあっさりとした日本的な顔のことで、切れ長の目、鼻筋が通り、顔全体が細くて小さいといった特徴は涼しげだが平凡でもある。1980年代後半以降のアイドルに多い顔で2005年現在も人気がある。しょうゆ顔という言葉は1987年から女性が男性の顔を評するのに使い始め、1988年には『ソース顔』と共に流行語大賞の"流行語部門・大衆賞"を受賞している。このときしょうゆ顔の代表として受賞したのは少年隊の東山紀之である。他に木村拓哉、風間トオル、巨人軍の清原和博などがしょうゆ顔にあたる。
当時、しょうゆ顔・ソース顔以外にも『マヨネーズ顔』『ケチャップ顔』『みそ顔』など様々なものがあったが、この二つだけが広く普及した。

スポンサードリンク

『しょうゆ顔』の関連語

オススメ情報