末成り(うらなり)の意味・関連語を解説。

うらなり

うらなりとは、顔色が悪く、弱々しい感じがする人のこと。

【年代】 -   【種類】 -

 

『うらなり』の解説

うらなりとは『末成りの瓢箪(うらなりのひょうたん)』の略で、顔色が悪く、元気がなくて弱々しい感じがする人のことである。蔓(つる)の末のほうに成る瓢箪は小振りで艶がなく、味も落ちることからきている。夏目漱石の代表作『坊ちゃん』の中で、英語教師の特徴を表すあだ名としてうらなりが使われている。また、2006年には小林信彦がこの英語教師“うらなり”を主人公にして『坊ちゃん』を綴った『うらなり』という作品も出て話題になった。

スポンサードリンク

『うらなり』の関連語

オススメ情報