銀幕のスター(ぎんまくのすたー)の意味・関連語を解説。

銀幕のスター

Ginmaku No Stâ

銀幕のスターとは、映画スターのこと。

【年代】 昭和時代~   【種類】 -

 

『銀幕のスター』の解説

銀幕のスターの『銀幕』とは映画を意味する。昔の映画を映すスクリーンは表面に銀被膜を塗布したものが使ったことから、当初こうしたスクリーンのことを"Silver Screen"と呼んだ。日本でもスクリーンのことを『銀幕』と言ったが、これが後に映画や映画界を指して使われるようになる(現代でも映画のことをスクリーンと呼ぶのと同じ)。つまり銀幕のスターとは映画に出ているスター級の俳優を意味する(女優の場合は銀幕のヒロインともいう)。ただし、銀幕のスターは映画を銀幕と呼んだ昭和時代の映画スターに対して用い、平成以降の映画スターに対して用いることはない。
現在、銀幕のスターは昭和の映画俳優にスポットをあてた番組や雑誌企画で使われる程度で、実質的には死語となっている。

スポンサードリンク

『銀幕のスター』の関連語

オススメ情報